不倫と浮気の境目はどこから?ダメだと言われている理由とは?

不倫と浮気はダメなものだと言われることが多いものの、具体的にどう悪いのか良くわからない人もいます。不倫となると離婚や裁判といったイメージを持つ人もいて、どこからが問題になるのか判断できない人が多いのもポイントです。
法律の問題をしっかりと理解することでリスクを避けられるケースも多く、しっかりと知っておくことが自衛にも繋がります。

不倫と浮気は意味が混同されやすいことに注意

不倫と浮気の意味は混同されやすく、何が違うのかと思ってしまう人もいるはずです。ポイントになるのが、浮気の場合は気持ちの浮気だけでも成立することです。不倫の場合は体の関係があることや、すでに結婚していることが前提になります。

不倫の場合は民法上の罪が存在し、裁判などで責任が追及されるケースが多くなります。刑事罰ではないため逮捕などには繋がらないのが特長です。ただし、パートナーに与えた精神的苦痛の度合いや社会的地位や収入に応じた慰謝料などを求められるケースが多く、注意が必要になってきます。

浮気の場合は範囲が非常に広く、責任が追及できないケースが出てきます。恋人関係であっても罪に問えない可能性があり、浮気したから必ず責任を負わなければならないとは限らないのです。ただし、婚約をした状態で浮気をするなど、条件が揃った場合は裁判が成立し、責任を追及される可能性が高まります。

確実に訴えられない不倫や浮気は存在しない?

不倫と浮気がダメと言われる理由は、確実に訴えられない状況を作るのが難しいことです。証拠がなくても裁判を申し立てることは可能で、裁判が成立しなくても弁護士に対する法律相談などが必要になるケースもあります。精神的なプレッシャーにも繋がりやすいため、万が一を考えて行動した方法がいいのです。

ただ、わかっていても止められないのが不倫や浮気です。している側であれば続けてもメリットがあるか考え、されている側であれば縁を切った方が良いか考える冷静さも重要です。その先も不安やストレスを抱えて関係を維持できるかは重要になってきます。

参考URL https://www.konkatsu-enmusubi.com/

無理に関係を続けるよりも、関係を解消して新しい出会いを探す方法もあります。婚活サイト経由でどのような異性が出会いを求めているかチェックし、新しい生活に繋げていく方法もあります。やみくもに関係を解消してもその先の未来が見通せなくなることもあるため、先を見据えて行動することも大切なのです。