Author Archives: ブルルマ

現金化とは違法なのか?合法なのか?

「金融機関からお金を借入しすぎて審査が通らない」と困っている人には、クレジットカード現金化をおすすめするサイトはたくさんあります。しかし、「クレジットカード現金化」と言われてもピンと来ない人も多くいると思います。クレジットカード現金化とは、どういう仕組みになっていて、合法なのか、違法なのか、利用する前に頭に入れておいた方が良いでしょう。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードに備わっている「ショッピング機能の利用枠」で、高換金率の商品を購入して、その商品を買取り業者が買い取ることにより現金を手にすることができるというものです。

銀行や消費者金融などのキャッシングやカードローンのような金融行為とは違い、借金という履歴が信用機関に残ることがない行為です。キャッシングやカードローンを組もうと思うと必ず審査がありますが、クレジットカードのショッピング枠を使うだけなので、クレジットカードさえ持っていれば誰でも利用することができます。

クレジットカード現金化は合法なのか、違法なのか

これに関しては結論から申し上げると、現時点では「限りなく黒に近いグレーゾーン」です。今後、法改正されれば違法になってしまう可能性が高くなりますが、現段階ではグレー、違法でも合法でもないというのが結論です。

なぜ、「限りなく黒に近いグレー」なのかというと、業者と消費者のお金に対する貸し借りは「貸金業法」という法律で規制されています。貸金業者は、貸金業法に違反していれば罰せられることになりますが、クレジットカード現金化は、「商品の売買という形を取っているため、お金を貸し借りしていることにあたらず、貸金業法を適用することができません」。いわば、脱法行為です。

クレジットカード現金化業者によっては、クレジットカード現金化が「合法である」「適法である」と謳っている業者もいます。しかし、この業者は、クレジットカード現金化自体を言っているのではありません。「景品表示法を厳守しています」や「公安委員会の許可を得ています」など、あたかもクレジットカード現金化が法律で認められているかのように謳っていますが、決してそのようなことはありません。

参考サイトはコチラをご覧ください

ショッピング枠現金化の2つの方法とは

 

クレジットカード会社の会員規約には

ちなみに法律的にはグレーですが、クレジットカードの会員規約には「換金目的での利用は禁止」することが書かれています。そのため、クレジットカード現金化は、クレジットカード会社からすると「規約違反」となります。クレジットカード現金化が見つかると「利用残高の一括請求」や「クレジットカードの利用停止、強制退会」などの罰則が適用される可能性があります。

クレジットカード現金化は、様々なトラブルに巻き込まれることがあったり、罪に問われる可能性もゼロではありません。なので、クレジットカード現金化は利用しないようにしましょう。


愚痴を吐きたいときは居酒屋が人気になっている理由とは

ストレス社会といわれる現代ですが、愚痴を吐く相手にも困ることはありませんか。
愚痴を言ってネガティブな人物と思われ、評価が下がってしまうのももったいないと考える人は多いのです。
さらに親しい人に嫌われないかと考える人もいるため、うまく分散していくことも重要になってきます。

電話占いは意外と安く済むこともあるのがポイント

愚痴を言いたい気分のときにオススメなのが電話占いです。
居酒屋などで飲んでストレスを解消していく方法もありますが、飲食費として負担がかかってしまいます。
お酒を飲みすぎて翌日の予定に支障に問題がないか考えてしまうと、ハメをはずしきれないという人も多いはずです。
電話占いは占いサイトによって違うものの1分150円程度から占いをしてもらうことが可能です。
主要な電話相談サービスも電話占いなどと同程度の水準になっているため、それほど高いものではないのです。
また、前金制でお金を入れた分だけ通話できるシステムを採用しているサイトも多く、二日酔いなどの心配やお金の使いすぎの心配もなく利用することが可能なのです。

愚痴を聞くのがうまい占い師が多いのもポイントに

電話占いは占いをすることが仕事です。
しかし、占いをしてほしい理由は人それぞれで、何らかの悩みを抱えているのが一般的になります。
そのため、占い師は占いをするだけでなく悩みや愚痴を聞きながら思考の整理を手伝ってくれることが多いのです。
ずばりとアドバイスをしてくれる占い師と、聞き役に徹してくれる占い師が存在するのもポイントになります。
占い師のプロフィールに率直な意見を言うのか、聞き役に徹して意見などは最小限に抑えるのか書いていることもあるため参考になります。
解決策がほしいかどうかで占い師の選び方を変え、話しを聞いてもらうのもおすすめです。

占い以外の分野に精通している占い師も珍しくない

電話占いの占い師は占い分野以外に精通している人も珍しくないのがポイントです。
これは相談者の話題についていけなければ占いの内容が伝わりづらくなることもあるためです。
日常のニュースなどをチェックするだけでなく、経済などの情報に精通している占い師も存在します。
占い師の職業柄ほかの相談者の情報は明かせなくても、業界の最新情報を掴んでいるようなケースもあるのです。
芸能人などの占いをしていることや、懇意にしていることを書いている占い師も存在します。
専門外と思えることでも的確な答えを返してくれる占い師も存在するため、一度試してみるのもおすすめです。

出典 当たる電話占いはこちら https://kikuhapi.com/ 恋愛運から金運から経済面などあらゆる運勢を鑑定してくれる究極の電話占いを体感しようよ♪

電話占いは気兼ねなく愚痴を言う場所としても利用することが可能で、飲みにいくよりも安く済む場合もあります。
アルコールを入れずにすっきりした気分に慣れるからと電話占いを中心に利用する人もいます。
料金の安さが魅力の電話占いや、占い師のスキルが魅力の電話占いサービスなど選択肢も多いのもポイントです。
自分好みの占いサービスを使って、日ごろの疲れを癒してもらうというのも方法なのです。


世の中たくさんのクレジットカードがありますが選ぶ決め手はお得な還元率です

クレジットカードを選ぶポイントについて

世の中どこでもかしこでも入会を促しているのが「クレジットカード」です。実際に手元に何種類かを使い分けているという人も多いほど、世の中にはたくさんの種類のクレジットカードがあります。

国内では現金だけでも大丈夫ですが、海外に旅行される機会の多い方には絶対必需品ともいえるクレジットカードは、もはや現代社会において必要不可欠なものといえるでしょう。

でもあまりにたくさんのカードを持つことは危険性も高く、信用という面からもあまりおすすめできません。では実際に厳選したクレジットカードを持つ場合、何を基準に選んだらいいのでしょうか?

その基準のおすすめとして挙げられるのが、利用の際に戻ってくる還元率の高さといわれています。還元率というとわかりにくいですが、要は買い物などの際に付与されるポイントがどれだけ多く戻ってくるかどうかということです。ポイントの戻りが高ければそれだけカードの利用がお得になるというわけです。

またクレジットカードを選ぶ基準として、年会費がかからないものも人気となっています。使う頻度が高い方には例外もありますが、一般的な使用頻度から見れば、毎年年会費が無料で利用できることは、カードを選ぶ際の重要なおすすめポイントといえるでしょう。

ポイント還元に関わる嬉しいサービスについて

クレジットカードのポイントといっても、単純に買い物で利用した際にポイントがつくものもありますが、それ以外にもたくさんのサービスがついたクレジットカードがあります。どんなものがあるかというと、決まった利用に際し普段より多くのポイントがつく場合です。

たとえばETCを利用する際にポイントが倍増されるカード、公共料金の支払いを指定することでいつもよりお得なポイントが加算されるカードがあります。他にも提携されているグループ内店舗の利用で多くのポイントが付与されたり、特別なサービス期間中に多くのボーナスポイントが還元されるなどがあげられます。

そもそものポイント還元率が高いカードであれば、使えば使うほどポイント利用が多くできるため、最終的に還元される率はかなり期待できるといえるでしょう。

また還元できるサービスがどのようなものであるかもしっかりと押さえておきたいものです。航空機の利用が多い方であれば、ポイント還元をマイレージとして利用できるものがおすすめです。またたまったポイントを現金や電子マネーに変換できるものも人気が高いです。

普段の利用にいかに上手に還元できるか、その辺りを考えて選ぶのが。クレジットカードを決める際の重要ポイントです。

クレジットカードを選ぶ際に気をつけたいこと

年会費も無料、ポイント還元率も高い、ボーナンスポイントなどのサービスも豊富となれば、是非ともクレジットカードを作っておきたいと考えられます。

しかしここで気をつけたいのが、条件が付いていないかどうかということです。どのようなケースがあるかというと、まずはたまったポイントに有効期限が設けられている場合です。使う頻度や金額によってたまるポイントには限界があり、短い期間ではなかなか思うほどはたまりません。

有効期限がなければ安心して利用できますが、有効期限が決められている場合には非常に使い勝手が悪くなります。カードを作る際には細かい点まで注意が必要といえるでしょう。

もう1つ気をつけたいのが、ポイントがつく条件として、リボ払いが限定されている場合です。どんなに利用しても返済額が一定で、一見とても利用しやすいように感じてしまうリボ払いですが、返しても返しても残額が減らずに、結局支払額が高額になってしまうというケースが多いとても危険なものです。

条件としてリボ払いしかできないカードを持つことはおすすめできません。高還元率という言葉だけで選んでしまわないように気をつけましょう。

生活の中でとても便利に利用できるサービス

クレジットカードは、手元に現金がない場合にも利用することができ、計画的に返済することで大きな買い物をすることができます。また旅行の際にスムーズに利用できたり、様々な優待サービスが利用できるなど、生活の中でとても便利に利用できるものです。

【 お金がないならクレジットカード現金化 】

しかしその分使いすぎて返済に追われてしまったり、借金が膨らんで返せなくなりブラックリストに載るなど、信用を失ってしまうといった恐ろしい現実も隣り合わせの物です。

利用の際はもちろん、カードを作る際にも、安易に考えずにしっかり詳細を理解しておく必要があります。正しく利用すればとても便利で有効なものですから、上手に利用していきたいですね。


履歴などの証拠を取り押さえる

浮気をする場合に気をつけなければならないのが、携帯電話の履歴です。
浮気がバレるケースの多くは携帯電話から足がついたというのが実情です。
当人からすると、携帯電話は常に身に付けているのだしパスワードでガードしているから大丈夫と思っていても、ふとしたことでパスワードが知られて風呂に入っている間に盗み見されないとも限りません。
また、パートナーから「何もやましくないなら見せろ」と迫られた場合にはどうしますか?
そういうときのために、日頃から送受信の記録やメールのやり取りなどはマメに削除しておくことをおススメします。
浮気相手の名前や電話番号をアドレス帳に載せておくなんてもってのほか、同性の知り合いなどの名前で登録しておくといいでしょう。

パソコンやカーナビの履歴をチェックせよ!

逆に浮気をされている側とすれば如何にその証拠を押さえるかが肝心ですが、調べていることがバレては相手に警戒されて尻尾を抑えることが難しくなってしまいます。
くれぐれも慎重に行ないましょう。
調査の方法として、パソコンの履歴をチェックするのもいいでしょう。
浮気相手とデートをするための飲食店やホテルの情報を調べている場合なら、それが履歴に残っています。
ただし、履歴を消去されたり履歴が残らない方法でブラウザを使われた場合にはどうすればいいか?
それでも検索窓にある程度思いつくようなキーワードを入れてみると、以前に入力した文字が続けて表示されることもあるので試してみるのもいいでしょう。
浮気に車を利用しているようなら、カーナビの履歴を調べたり助手席のシートが以前に自分の乗った位置と変わっていないかなどをチェックするのも一つの方法です。


アリバイ作りの対応策を練っておく

浮気をするのであれば、絶対にパートナーにバレてはいけないのは当然のことです。
ですからさまざまな対応策を講じます。
たとえば、アリバイ作りもその一つです。
男性の場合、出張や接待ゴルフといった理由でのアリバイ作りはよくあることです。
仕事関係なら妻がそれをチェックしようと思ってもなかなか難しい面がありますからね。
女性で多いのが友達との食事や買い物、泊まり掛けなら同窓会への出席などもよくあるケースです。
これも夫が妻の友達に確認することはまずありませんから、効果的なやり方といえるでしょう。
特に男性の場合に足がつきやすいのが、ホテルに行ったために爽やかな匂いで帰ってきたといったケースです。
そんな場合には、居酒屋やパチンコ屋に寄ったりして匂いを隠さなければなりません。
とはいえ、居酒屋やパチンコ屋に行かない人がそんな匂いをさせて帰れば却って不審に思われてしまうので、あくまでも常日頃の行動に即した対策を行なう必要があります。
浮気がバレる原因の第一位が、携帯電話のメールや送受信履歴から足がついてしまうというものです。
それを避けるためには、面倒がらずにこまめに削除するしかありません。
そもそも浮気相手とのメールなど残しておいても仕方ないと思いませんか。

正直に否を認めるのは厳しい

浮気をされている側としては、しているかしていないかをパートナーに確認したくなるのが人の性です。
そしてできれば否定してもらいたいと思うものです。
しかし、問い詰めても正直に認めることはまずないというのが現実です。
したがって、相手に悟られないように密かにチェックして証拠を押さえることをおススメします。
ただ、素人が一人でできることなど知れていますし、下手に動いて相手に警戒されては掴める証拠も掴めなくなってしまうかもしれません。
費用は掛かりますが、やはり探偵や興信所に依頼するほうが確実といえるでしょう。


決着がつかなければ法廷へ持越し

パートナーの浮気や不倫の証拠を押さえることができたなら、肝心なのはそれからです。
その証拠をもとに、今後パートナーとどうしていくのかをしっかり自分自身で把握、認識しなければなりません。
頭に血が上ってしまうのはわかりますが、感情に任せて行動しても仕方ないのです。
まず考えなければならないのは、自分自身の対応です。
パートナーが謝れば許すのか、どんなに謝っても許すつもりはないのか、許さなければ離婚という事態になっても構わないのか、不倫相手のことはどうするのか、などなど…。
これらの問題についてどのように対応していくのかを決めておかなければ、結局うやむやのうちに何となく現状維持なんて事態にもなりかねないのですよ。
パートナーが謝れば許すのであればいいのですが、それ以外の場合にはしっかりと話し合う必要があります。
そんな問題には触れたくないという気持ちも理解できますが、現状から目を背けていては何の解決にもなりません。

決定的な写真はおおければ多いほど勝つことができるかも

話し合いで決着がつかないならば、訴訟を起こすことにもなります。
裁判となると、さまざまな証拠類が重要となります。
それは客観的に見てパートナーが不倫をしていたということが認識できるものである必要がありますし、十分なものでなければ裁判に勝つことはできません。
例えば、異性とビジネスホテルに入っていく写真が1枚あるくらいでは浮気の証拠とはなりにくいといえます。
弁護士に依頼する際には、最低ラブホテルに出入りしている写真が2~3枚以上は必要とされるようです。


浮気の証拠を掴んで慰謝料を請求する

浮気や不倫をしているのではないかとパートナーを問い詰めても、正直に認めてくれることは滅多にありません。
したがって証拠を掴むことが必要となりますが、なかなか素人がそれを揃えるのは難しいといえます。
そのために探偵に依頼するケースがほとんどなのですが、もちろん調査には費用が掛かりますしその金額は決して安いものとはいえません。
もし浮気をしていたなら離婚して慰謝料を取ろうと思っていても、パートナーにそれだけの慰謝料を支払えるだけのお金があるかどうかという問題があります。
探偵に依頼して証拠を掴んで裁判で勝訴しても、相手にお金がなければ慰謝料どころか探偵への調査費の支払いさえ取れないということにもなりかねないのです。
ただ、不倫相手がパートナーが既婚者であるのを承知していたのならば不倫相手への慰謝料請求も可能ですから、パートナーに支払い能力がなくても不倫相手にそれを求めることもできるかもしれません。

素人が調査するには難しい

もし裁判に持ち込むのであれば、浮気をしているのがはっきりとわかるような証拠が必要となります。
たとえば、ホテルやマンションに一緒に入る写真や食事中の会話の様子の録音などが証拠となり得ます。
それらを素人が手に入れるのははっきり言って難しいので、やはり探偵に依頼するほうが無難でしょう。
探偵に依頼した場合には、それをパートナーに知られてはなりません。
浮気の調査をしていることがバレたなら警戒されて浮気の証拠を押さえることができなくなってしまうので、普段通りの言動を心掛ける必要があります。