浮気の証拠を掴んで慰謝料を請求する

浮気や不倫をしているのではないかとパートナーを問い詰めても、正直に認めてくれることは滅多にありません。
したがって証拠を掴むことが必要となりますが、なかなか素人がそれを揃えるのは難しいといえます。
そのために探偵に依頼するケースがほとんどなのですが、もちろん調査には費用が掛かりますしその金額は決して安いものとはいえません。
もし浮気をしていたなら離婚して慰謝料を取ろうと思っていても、パートナーにそれだけの慰謝料を支払えるだけのお金があるかどうかという問題があります。
探偵に依頼して証拠を掴んで裁判で勝訴しても、相手にお金がなければ慰謝料どころか探偵への調査費の支払いさえ取れないということにもなりかねないのです。
ただ、不倫相手がパートナーが既婚者であるのを承知していたのならば不倫相手への慰謝料請求も可能ですから、パートナーに支払い能力がなくても不倫相手にそれを求めることもできるかもしれません。

素人が調査するには難しい

もし裁判に持ち込むのであれば、浮気をしているのがはっきりとわかるような証拠が必要となります。
たとえば、ホテルやマンションに一緒に入る写真や食事中の会話の様子の録音などが証拠となり得ます。
それらを素人が手に入れるのははっきり言って難しいので、やはり探偵に依頼するほうが無難でしょう。
探偵に依頼した場合には、それをパートナーに知られてはなりません。
浮気の調査をしていることがバレたなら警戒されて浮気の証拠を押さえることができなくなってしまうので、普段通りの言動を心掛ける必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする