現金化とは違法なのか?合法なのか?

「金融機関からお金を借入しすぎて審査が通らない」と困っている人には、クレジットカード現金化をおすすめするサイトはたくさんあります。しかし、「クレジットカード現金化」と言われてもピンと来ない人も多くいると思います。クレジットカード現金化とは、どういう仕組みになっていて、合法なのか、違法なのか、利用する前に頭に入れておいた方が良いでしょう。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードに備わっている「ショッピング機能の利用枠」で、高換金率の商品を購入して、その商品を買取り業者が買い取ることにより現金を手にすることができるというものです。

銀行や消費者金融などのキャッシングやカードローンのような金融行為とは違い、借金という履歴が信用機関に残ることがない行為です。キャッシングやカードローンを組もうと思うと必ず審査がありますが、クレジットカードのショッピング枠を使うだけなので、クレジットカードさえ持っていれば誰でも利用することができます。

クレジットカード現金化は合法なのか、違法なのか

これに関しては結論から申し上げると、現時点では「限りなく黒に近いグレーゾーン」です。今後、法改正されれば違法になってしまう可能性が高くなりますが、現段階ではグレー、違法でも合法でもないというのが結論です。

なぜ、「限りなく黒に近いグレー」なのかというと、業者と消費者のお金に対する貸し借りは「貸金業法」という法律で規制されています。貸金業者は、貸金業法に違反していれば罰せられることになりますが、クレジットカード現金化は、「商品の売買という形を取っているため、お金を貸し借りしていることにあたらず、貸金業法を適用することができません」。いわば、脱法行為です。

クレジットカード現金化業者によっては、クレジットカード現金化が「合法である」「適法である」と謳っている業者もいます。しかし、この業者は、クレジットカード現金化自体を言っているのではありません。「景品表示法を厳守しています」や「公安委員会の許可を得ています」など、あたかもクレジットカード現金化が法律で認められているかのように謳っていますが、決してそのようなことはありません。

クレジットカード会社の会員規約には

ちなみに法律的にはグレーですが、クレジットカードの会員規約には「換金目的での利用は禁止」することが書かれています。そのため、クレジットカード現金化は、クレジットカード会社からすると「規約違反」となります。クレジットカード現金化が見つかると「利用残高の一括請求」や「クレジットカードの利用停止、強制退会」などの罰則が適用される可能性があります。

クレジットカード現金化は、様々なトラブルに巻き込まれることがあったり、罪に問われる可能性もゼロではありません。なので、クレジットカード現金化は利用しないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする